整体の勉強する理由

整体の勉強する理由

整体師に国家資格がないのはこれまでにいった通りですが、実際に民間の資格もとらず、誰にも施術を教えてもらわずに整体の仕事をしていくのは不可能です。
名乗るだけ、働くだけならば法的に問題はありませんがそれではやっていけないでしょう。

 

どういう方法にしろ、施術ができるようになり、理屈として自分のやっていることを把握できるようにならなければ行けません。
これまでに書いてきた専門学校でもいいですし、講習会などもあります。そういった場所でもらった認定書があったほうがいいのは言うまでもありません。
整体師として働くまでにしっかりとした技術を身に付けておかないと、お客さんが逃げていってしまうということになります。

 

結局後々しっかりと整体の勉強をしなおすことになりますから、お客さんの体のおかしくなったゆがみを治せるようにしっかりと勉強しておきましょう。
 

 

独立して商売をしていくときに一番重要なのはリピーターをどうやって増やしていくかです。新規のお客さんだけでは経営が成り立たないでしょう。
同じ人に何度も足を運んでもらわなくてはなりません。そして施術を行う前に、自分の手にはおえないと判断したのなら医者のもとに送らなければいけません。

 

そういう判断をするには様々な人体に関する知識と、技術がいります。
整体の技術を教える学校といっても、今はいろいろな団体が参入していますから、学校の質もピンキリですね。実質マッサージしか教えていないのに整体を教えると呼び込む学校もあります。