整体師の資格を取得して整体院を独立開業しよう

効果を認めて資格を与えるべき療法

世界には色々な健康法や治療法がありますが、それらの大部分の基本的な考えかたや理論は、第一の目的は「身体の疲労を取り除いてリフレッシュさせる」と「身体の持っている自然治癒力を強めて病状を回復させる」・・・に尽きると思われます。

 

現代の発達した近代医学は先端医療の画期的な進歩で、あらゆる検査技術の進歩からレーザーや遠隔操作による内視鏡手術や抗生物質などの投薬も進化しております。
 

 

しかし、不思議な事に医療の進歩は進んでいるのに病人の数は増えるばかりですし、HIVやアレルギー疾患などの新たな病気が次々と増えております。

 

特に日本の人口構造が少子高齢化社会になってきておりますので国が負担する医療費が増加するばかりで国家財政も危機的な状況に置かれています。

 

最先端の医療技術を持ってしても検査では問題無くとも「身体が重い」「腰が痛い」「足が麻痺している」「肩こりと頭痛が治らない」「不眠症で苦しんでいる」・・・等の症状を訴えて病院を何回も訪れる方が減りません。

 

 

 

色々な病院を回ったが「一向に症状が良くならない」「むしろ薬漬けで悪化している」・・・と訴える方も多くおります。

 

このような方の中には整体やカイロプラクティックの施術を受けて嘘のように病状が回復した例は数多くあります。

 

 

 

未だに整体やカイロプラクティックの科学的な効果測定や理論付けは解明されておりませんが、理論や化学的証明はともかくとして「実際に健康を回復している」方々が数多く有ることに注目すべきではないでしょうか。

 

日本にも古くからの柔道整復師や指圧師、鍼灸師が有って国も認めておりますのですから、整体やカイロプラクティックも法的整備をして正式な医療として認めて健康保険の対象にするべきでは無いでしょうか。

 

 

 

"